田中謹也 1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法

田中謹也の「1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法」

「1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法」の作者・田中謹也氏

 

視力回復インストラクター 田中謹也(たなか きんや) 氏

 

 「1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法」の作者・田中謹也氏は、平成15年アイ・トレーニング視快研 小牧店をオープンされ、公認インストラクターとして活躍し、オープン以来9年間で、これまで1087名のお子さまたちの視力回復に、成功してきた実績がございます。

 

 昨今は、テレビゲームにパソコン、マンガ、携帯メールなど、お子さまたちをめぐる生活様式が変化し、近いものを凝視することが多くなりました。近くのものを見るときは毛様体筋という眼の筋肉を収縮させ、水晶体のレンズを厚くしてピントを合わせますが、これが続くことにより毛様体筋が収縮して固くなってしまいます。

 

 実は、これが近視の直接的な原因であり、子供のうちは視力が低下すればするほど、二度と元の視力に戻らなくなる危険性があり、将来的には網膜剥離・緑内障の発症率も2倍になると言われています。

 

 ですから、お子さまたちの視力が低下していると分かりましたら、できるだけ早いうちに、対策をする必要がありますが、眼科でのミドリン処方や、ワックという視力回復トレーニングを受けても視力回復は見込めず、頃合いを見て「そろそろ眼鏡にしませんか?」と切り出されるてしまうのが実態なのです。

 

 お子さまの視力回復には早期発見・早期トレーニングが大切ですが、子供の視力についての正しい知識と、眼科や治療院に通わなくても自宅で簡単に視力アップできる方法があれば、お子さまの大切な眼を守ることが出来ると考えた田中謹也氏は、その方法をプログラム化することに成功しました。

 

 

 田中謹也氏の開発した「1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法」の自宅トレーニトングセットCD−ROMであれば、自宅で1日たった13分のトレーニングを2カ月続けるだけで、お子さまの視力を回復させることができます。

 

 早めの手当てをすることにより、眼鏡やコンタクトのいらない眼にすることができるのです。

 

 

 

「1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法」の効果

 

 田中謹也氏の説明によりますと、眼科の先生方はレーシック手術以外に視力が回復することを認めていません。レーシック手術以外に視力を回復させることは出来ないと決めつけているのです。

 

 一般的な眼科の治療法は、ミドリンやミオピンという目薬を処方したり、「ワック」という視力回復トレーニングを行います。

 

 さらには、親御さんの判断で、眼にいいと評判のサプリメントを摂り、超音波治療器、ピンホールメガネ、3D絵本(マジカルアイ)を使ったりしているのが、世間一般的に行われている視力回復の実態です。

 

 しかし、田中謹也氏のマニュアルを実践すると、1日たった13分のトレーニングを2カ月間続けることにより、この9年間で1087名の子供たちが裸眼で0.8以上の視力に回復することができているのです。

 

 田中謹也氏の説明によりますと、近視は決して遺伝などではなく、昨今の生活様式の変化であるテレビゲーム や パソコン、マンガ、携帯メールなど、近くのものを凝視し続けることによる眼の酷使が原因であると強調しています。

 

 特に携帯型ゲーム機は、近視のお子さまを次々生み出す「製造機」とまで言い切っているのです。このような遊びが主流となっている今日この頃ですので、誰もが近視になってしまうのは当然という実態に則した認識を親御さんたちは持たなければなりません。

 

 

 

「1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法」とほかの方法の違いなど

 

 田中謹也氏は、テレビコマーシャルなどで宣伝されている「ブルーベリー」について、決してブルーベリーを摂取して視力が回復したわけではなく、栄養不足で視力低下した分だけをサプリメントで補い、一時的に視力が戻っただけと説明しています。

 

 ですから、ブルーベリーを摂り続けたとしても劇的な視力回復は難しいのです。

 

 眼科で行うことは、例えば結膜炎、白内障、緑内障 などの「眼の病気」を治すのが本来の仕事であって、決して視力回復センターではないということを、知らなければいけません。眼科ではお子さまの近視は「眼の病気」と考えてはいないのです。

 

 眼科で「近視治療」と称して処方されるミドリン・サンドールなどは眼の瞳孔を開く散瞳薬であって、近視を治すための目薬ではありません。点眼すればするほどピント調節能力が落ち視力が低下すると田中謹也氏は警鐘をならしています。

 

 田中謹也氏の開発したトレーニングプログラムは、9年間で1087名のお子さまの視力を回復させた実績があります。これは「NPO日本視覚機能向上研究所」の人体メカニズムに対する研究と数多くの実験や検証を繰り返した末に完成したプログラムになります。

 

 「アイ・トレーニング」の具体的な方法は、ヒモに通した距離の違うビーズを「ある順番」に従ってそれぞれ5秒間ずつ見つめるだけの簡単な方法になります。

 

 このトレーニングにより、両目の動きが正常かどうかを自己診断して、弱い部分を鍛えることができるようになっています。このトレーニングは大変効果が高く、プロ野球選手やプロボクサーなどもトレーニング法に取り入れているほどなのです。

 

 

■ ご購入後の特典や返金保障など

 

 先着200名限定ですが、マニュアルをご購入されますと、ブロックストリングス(視力回復グッズ)や3カ月無料メールサポートや、トレーニングフォローメルマガなどの特典が用意されています。

 

 マニュアルの指示通りにやったにもかかわらず、効果がなかった場合には180日以内であればマニュアル・サポート料金分の返金を受けることができます。詳しい内容については販売ページをご覧くださいませ。

 

 

 


  

  

  

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法

  

  

  

  

  

ホーム RSS購読